K七のまずは30記事を目指します!

読書感想、食べ歩き、生活改善を記します

ES[社員満足]経営の鉄則 志田貴史【読書 第38冊】

ES[社員満足]経営の鉄則

顧客と会社を幸せにする

 

志田貴史

 

中央経済社

 

2013

 

 

 

今日は会社用です。

前に紹介したES社員満足の続編です。

ぜひ買って読んでください。

お勧めです!

 

 

 

knana19.hatenablog.com

 

 

 

1.社員をマーケティングできない会社は衰退する

少子高齢化が加速し、労働市場は想像以上に激変する

ESが下がることによる経営の機会損失は莫大

生産性

やらされ感、いやいや感

生産性向上のエンジンがかからない

CS

心のこもった対応は難しい

ESを犠牲にしたCSはいつか崩壊する

人的資源

会社へのロイヤリティ低下、不満退職

人的資源が蓄積していかない

ES低下負のフパイラル

ESが低下

生産性などのプロセスが悪化

品質やCSなどのパフォーマンスが低下

不満退職などで人的資源が減少

経営パフォーマンスが低下

 

ESを高めないと経営パフォーマンスも向上しない

若年者が離職していく理由とは

育ってきた環境を知る

部下育成の視点やアプローチ方法を少し変える

ESは「人」の重要課題に横串をさす施策になり得る

ESをマネジメントすることで

「人」の3大テーマに横ぐしをさせる

メンタルヘルス

・モチベーション向上

・生産性向上

 

2.ESを高める「非」金銭報酬とは

金銭報酬に頼らない総報酬(トータルリウォード)の考え方

総報酬

金銭報酬

直接報酬

給与

賞与

間接報酬

社会保険

退職金制度

福利厚生

非金銭報酬

仕事報酬

やりがい

仕事の重要性

仕事の面白み

社会的意義

自己成長

所属報酬

経営ビジョン

コミュニケーション

組織風土

対人関係

職場環境

 

ESは何によって構成されているのか

ESロジックツリー

 

3.ES向上は、CSと経営成果の向上に比例する

サービスプロフィットチェーン

ESCS、企業利益の因果関係を示したフレームワーク

サイクル

社員満足

・生産性向上

・ロイヤリティ向上

・離職低下

品質・サービスの向上

顧客満足の向上

顧客ロイヤリティの向上

経営成果の向上

就業環境の充実

 

ESM-PDCAでマネジメントする

M モニタリング

ESの実態を具体的に把握する

P 計画

D 実行

C 確認

A 改善

 

ESマネジメントをより効果的に運用していくには

ESマネジメント診断レビュー項目

M

1 ESの実態を適切な頻度で定点観測しているか

2 ESマネジメントのトップ層への関心喚起・合意形成は十分できているか

3 ESアンケートは適切に設計されているか

P

4 ESアンケートの分析は効果的に実施できているか

5 ES上の課題に対する原因究明は十分か

6 ES上の課題の解決策について十分に検討し、施策を導き出しているか

D

7 ES診断結果のトップ報告会を実施しているか

8 ES診断の結果・改善アクションプランの内容を社員にフィードバックしているか

C

9 ESの改善アクションプランの進捗を定期的にチェックしているか

10 ESマネジメントの効果検証を行い施策や進め方の改善に努めているか

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

「ルノアール」川崎店とスキパスの「すき家」と政治家の「例え話」【食べ歩き 第5食】

ルノアール」川崎店とスキパスの「すき家」と政治家の「例え話」

 

 

 

 

 

 

すき家に丁寧な対応をしてもらいました!

 

スキパスを有効的に使わせていただいているすき家

前にご紹介しましたね。

 

 

knana19.hatenablog.com

 

 

先日、店舗のある出来事があってハガキを書かせてもらったんです。

すると、今日わざわざお電話がありました。

ちょっとしたことなのに、しっかりした対応でしたね。

ありがとうございます!

スキパスのすき家、また使います!

 

 

 

政治は言葉遊びではない!

 

今日のニュースを観ていたら、

立憲民主党辻元清美が萩生田発言にコメントしていましたね。

「5月の連休が終わったあと、一挙に反転攻勢にいく。萩生田氏の発言で、流動化していた豆乳に『にがり』が入り、野党が結束し、固まったような状況だ。『野党結束、豆腐作戦』として、健康で栄養のある豆腐のような国会議論を行い、議員立法などを提出していく」

豆乳とにがりに例えて、なにかあるのでしょうか?

政治に言葉が大事なのは否定できませんが、

今日のような例え話とか、

小池百合子バズワードとか、

言葉あそびでは国民には想いが届かないでしょう。

野党は特にヒドイ、そんなことしている場合じゃないですよ。

全然政権を取る気がないと思われますね。

 

 

 

knana19.hatenablog.com

 

 

 

時間と空間を買えるルノアール

 

では今日の本題。

茶店ルノアールを紹介しましょう

 

店舗数は多くありませんが、

K七は川崎や渋谷でお世話になっています。

川崎には3店舗あります。

 

コーヒーは600円くらいしますから安くないです。

でも、そのかわりに広めのスペースと

ゆったりとした時間の提供があります。

ちなみに、お茶のサービスもあります。

 

本をめくりまくるには最高の場所です。

ぜひ行ってみてください!

 

 

ご覧いただきありがとうございます

 

 

 

固形物をなるべく食べずに身体を整える その我慢を乗り越える方法【生活改善 第2日】

固形物をなるべく食べずに身体を整える

その我慢を乗り越える方法

 

 

 

K七は食べ過ぎでお腹が痛くなってしまいました。

 

 

 

 

 

3年前に虫垂炎、いわゆる盲腸になりました。

その時は大病院で診断してもらって

薬でちらしまして、どうにか乗り越えました。

 

今回もそれっぽいような…

虫垂とつながっている盲腸がうんこで蓋をされて、

虫垂か炎症を起こしているような感覚、

あくまで感覚です。

今回はCT撮ってないですから。

 

うーん、危ないのを承知で家に残っていた抗生物質を飲んで、

食事を減らして対応してしまいました。

怖い!

真似をしたらダメですよ。

 

 

 

その間の食事の減らし方はこれ。

 

固形物を摂らないこと!

 

 

そうはいっても我慢できないんですよねー

そこで、

 

①人参りんごジュースで糖分を摂る

 

②カカオ多めのチョコレートで糖分を摂る

 

③水かお茶を飲む

 

 

以上3点でしのぎます。

あとは、

 

早く寝ること!

 

 

です。

 

 

knana19.hatenablog.com

 

 

 

今回のような虫垂炎の可能性がある場合は、

お風呂に長く浸かってはいけませんよ。

 

固形抜きをしていると、まあよく、体重が落ちます。

ただ、栄養バランスはいかがなものでしょうか。

 

普段はバランスよく食べてくださいね。

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

リーダーのための!ファシリテーションスキル 谷益美【読書 第37冊】

リーダーのための!ファシリテーションスキル

 

谷益美                

 

すばる舎                          

              

 

 

今日は会社用です。

会議の進め方を中心にファシリテーションを学びます。

おすすめです。

ぜひ買って読んでください!

 

 

 

 

knana19.hatenablog.com

 

 

 

                          

1.ファシリテーションスキル                 

                           

2つのスキル                   

ファシリテーション(facilitation)                     

促進すること、容易にすること                 

                       

「引き出して、まとめる」                        

                           

強い職場を作る12の質問リスト               

1 仕事の上で自分が何をすべきか、要求されていることがわかっている               

2 自分の仕事を適切に遂行するために、必要な材料や道具類が揃っている                          

3 毎日最高の仕事ができるような機会に恵まれている                 

4 最近1週間で仕事の成果を認められたり、褒められたりしたことがある                         

5 上司や仕事仲間は自分を一人の人間として認めて接してくれている                   

6 仕事上で自分の成長を後押ししてくれている人が誰かいる                    

7 仕事上で自分の意見が尊重されている                         

8 会社のミッション、目的を前にして自分自身が重要だと感じられる                   

9 仕事仲間は責任を持って精一杯クオリティの高い仕事をしている                       

10 仕事仲間に誰か最高の友達がいる                

11 最近半年間で自分の進歩に関して誰かと話し合ったことがある                        

12 仕事の上で学習し自分を成長させる機会を与えられたことがある                     

※最初の方の質問ほど重要度が高い                        

                           

ファシリテーティブリーダー度チェックリスト                   

1 メンバーに何をすべきか、何を期待しているのかを伝えている                          

2 チームが仕事を適切に遂行するために必要な材料や道具を整えている               

3 メンバーそれぞれに、毎日最高の仕事をする機会を与えている                          

4 この1週間のうちに、メンバーの仕事の成果を認めたり、褒めたりした                         

5 メンバーを一人の人間として気にかけていることを伝えている                          

6 メンバーの成長を応援し、後押ししている                 

7 メンバーの意見を聞き、尊重している                         

8 会社のミッション/目的のために、メンバーの仕事が重要だと伝えている                        

9 メンバーの仕事ぶりを把握し、クオリティの高い仕事をするよう促している                  

10 チームメンバーの人間関係を把握している               

11 この6か月のうちに、メンバーの進歩について話す機会を持った                    

12 この一年のうちに、メンバーが仕事について学び、成長する機会を作った                    

                           

ファシリーティブマインド                        

個別対応のコツ               

①メンバー一人一人を「知る」                 

②ちゃんと「見る」                     

③戦略的コミュニケーション「対話」                    

  おかしいな、と思ったら声をかける                

④気難しいメンバーはタイミングを見計らう                       

                           

リーダーの「聞いてるよ」が伝わる5つのチェックリスト               

①アイコンタクト                         

②うなずく、合づちを打つ                        

③相手のベースに合わせる                        

④「それで?」「もっと聞かせて」など、言葉で相手の話を促す。                

⑤相手の言葉を繰り返して確認する                        

                           

メンバーが「話しやすい」に変わる3つのレスポンス                      

①首を縦に動かす                         

②もっと聞かせてと、具体的に言葉で促す             

③きちんと見える、聞こえる態度を取る                

                           

小さな声掛け大きな効果              

              褒め言葉のボキャブラリーを増やす          

                           

2.チームを回すファシリテーション                    

                           

3つの仕組みでチームを回す                     

①「ちょっといい?」で始まるプチミーティング                

②朝礼、週1・月1会議、四半期・半期・年度などの定例ミーティング                      

③課題解決や企画立案、勉強会などのミーティング                          

                           

どこでどうやる?場作りのコツ                 

11の時                   

 ・気楽にやるなら、相手のホームへ                    

 ・向かい合うより、ハの字型                 

②チーム全員の時                         

 ・デスクそのまま                     

 ・立ったまま               

 ・場所を変える                         

                           

時間厳守のカルチャーを作る                     

 ・始まりは時間厳守                  

 ・遅れて来る人がいても、ミーティング開始                   

 ・終わりも時間厳守                  

                           

ホワイトボードの活用                  

まずこれだけ書いてみる              

①会議タイトル               

②本日のテーマ               

③日時(開始時刻と終了予定時刻)              

④参加者名                      

⑤本日の議題と出したいアウトプット                    

                           

・会議が始まる前に書いておく                 

・可能なら議題が一つ終わるごとにチェック                       

・資料がないので、全員顔を上げ、同じものを見るから良い                         

・参加者から出た意見をホワイトボードにまとめる                          

・書く時のコツは、対話しながら進めること                       

                           

リーダーの質問力                         

リーダーが質問を使いこなすためのポイント                       

・ポジティブな言葉を使う                        

・相手のレベルに合わせる                        

              ①YES/NO型質問      

              ②選択型質問(Which)     

              ③情報限定型質問(Who/Where/When)    

              ④自由回答型質問(What/How)    

                            「うちのチームがもっと良くなるための課題って何かな?」

                            「ちなみに、君はどうしたらいいと思ってる?」

・質問はシンプルに                     

              ①「具体的に言うと?」

              ②「他には?」 

                           

結論が出ない理由と出す方法                     

              41Hを明確にする       

              今日のミーティングで出したいアウトプットは何か?        

              そもそもこの企画の目的は?       

              必要なデータは始める前に調べて置く      

              ミーティングの最後に「今決まったことはこれだよね」と確認することを習慣にする

                           

3.ビジネスを回すファシリテーション                

                           

会議の種類                      

①選択集中型=ここで今決める                 

②発散集約型=みんなで考えて決めてみようか                   

③発散共有型=みんなどんなことを考えているのか                          

④情報周知型=みんなにお知らせします                

                           

決め方を決める               

①リーダーの決断                         

②多数決                          

③一定基準で評価=これなら実現できるはず                       

              「効果性」と「実現性」の2つの視点 ABCで評価する。           

                           

メンバーの参加意識を高める                     

どんなことをそのメンバーに期待しているのか                   

なぜこの会議に呼んだのか                        

                           

机の配置                          

・口の字型                      

              一般的。誰もが発言者になれる。

・コの字型                      

              真ん中のスペースに話者が入れる。          

島型                

              46人グループ。放射状に配置するのがコツ。    

・スクール型                   

              情報周知型に適している。          

・馬蹄型

    真横より参加者の顔が見やすい   

                           

ながくても2時間が限界              

                           

                           

参加者の傾向「ソーシャルスタイル理論」             

①ドライビング(自己出張:高/感情表出:低)                      

黙って俺についてこい                  

リーダー傾向                   

とにかく立てる。「教えてほしい」という対応                     

②エクスプレッシブ(自己主張:高/感情表出:高)               

みんな、盛り上がってる?                        

ムードメーカー               

会話を楽しむこと。「それで、それで?」「うんうん」                      

③エミアブル(自己主張:低/感情表出:高)                          

みなさんのおかげです                  

縁の下の力持ち               

感謝の気持ちを伝える「いつも、ありがとう」                   

④アナリティカル(自己主張:低/感情表出:低)                  

冷静、正確に分析する                  

正確さを大切にする                     

YES/NOで回答を求める                       

                           

メンバーの違いを歓迎し、そこから良いものを生み出そうとするマインド                 

                           

対話はこうして生み出す              

・最初の発言者               

              「指名しますね」           

              「後で全員にご意見いただきますね」      

              ○○さん、どなたの意見を聞きたいですか?」  

・メンバーのしぐさ                     

              よく観察して発言したがっている人を見つける     

              小さなため息=反対意見がありそう          

              周りをチラチラ見始める=何か言いたいことがある            

・困ったさんへの対応                  

①おしゃべりが止まらない                        

おしゃべりをしている人たちに目線を送る             

「何かご質問がありますか?何でも聞いてくださいね」と               

軽い口調で聞いてみる                  

                           

明るく聞こえる声のトーンや表情で                        

                           

②否定的な発言ばかりする                        

休憩時間に意見の意図を聞く                     

                           

③居眠り、内職、参加意識が薄い             

集中力を切らさない進行にすること                        

              ただ話を聞くだけの時間は15分以内にする          

              ディスカッションの時間を入れる

              資料は音読してもらう    

              休憩時間を入れる           

              移動を促す        

                           

発言を引き出したい                     

「考える時間を1分程取りますね」など沈黙の時間を取る               

                           

みんなで最後の振り返り              

今説明したことについて疑問点がないかどうか                   

隣の人と確認させる                     

                           

イデアだしのブレインストーミング                    

「判断しない」「結論を出そうとしない」「変な意見大歓迎」                         

「質より量を重視する」              

                           

ブレストのコツ               

①テーマを決める                         

②メンバーを選ぶ                         

③発言前に2030分考える時間              

                           

ホワイトボードのまとめ方                        

親和図                          

意見の付箋をグループ分けする                 

②ロジックツリー                         

③Tチャート                   

テーマについて考えられる対照的な2つの視点                   

四象限マトリクス                     

                           

フレームワーク               

3C分析                        

顧客 Customer              

競合 Competitor                         

自社 Company              

                           

マーケティング4               

製品 Product                 

価格 Price                     

流通 Place                     

プロモーション Promotion                      

                           

SWOT分析                  

強み Strengthと弱み Weakness 内部要因                    

機会 Opportunityと脅威 Threat 外部要因                     

プラス要因 マイナス要因                         

                           

④PDCAサイクル                     

計画 Plan                      

実行 Do                         

評価 Chech                   

改善 Action                   

                           

GROWモデル              

ゴールの設定 Goal                      

現状・資源の把握 Reality/Resources                   

選択肢リストアップ Options                   

意志・やる気 Will                       

                           

現状とゴールの差を明確にする                 

目標に近づけるための選択肢を議論する                

具体的な対策の決定と実行するみんなの意志確認                

                           

⑥ビジネスモデル・キャンバス                 

「儲けの仕組み」を考えるときに便利なフレームワーク                   

顧客セグメント Customer  Segments                 

価格提案 Value  Propositions                

チャネル Channels                     

顧客との関係 Customer  Relationships              

収益の流れ  Revenve  Streams               

リソース Key  Resourse                         

主要活動 Key  Activities                         

パートナー Key  Partners                       

コスト構造 Cost  Structure                    

                           

ホワイトボード便利な小道具                     

①模造紙                          

②付箋紙                          

                           

プロジェクトを回すための極意                 

提起ミーティングの頻度や他部門との共有のタイミング                   

問題が起きたときの共有の仕方                 

                           

トラブルを未然に防ぐために会議の日程や内容をデザインする                      

                           

決めるキーマンは誰か?              

トップに判断してもらうのか                     

他に誰かキーマンがいるのか                     

みんなで話し合って決めるのか                 

「まずはリーダーを決めませんか」                        

                           

会議の場で発言する。場外で進めない。                

電話や個別の相談での発言と、会議などオフィシャルな場での発言が違うことがある。                       

                           

みんなに相談できる場を自ら作り出すファシリテーティブな姿勢                  

                           

4.枠を超える場はこうして回す             

全社レベルの組織活性。研修会や大会議。             

                           

before                

インプット①(情報提供) 2時間               

インプット②(講演会) 2時間                   

昼食                    

アウトプット(グループディスカッション) 2時間              

                           

after                   

アウトプット①(参加者自己紹介と当日の期待共有) 1時間             

インプット①(情報提供) 1.5時間                          

アウトプット②(グループディスカッション「この情報をどう活かすか」) 0.5時間                

昼食                    

インプット②&アウトプット③(参加型講演会) 2時間                     

アウトプット④(グループディスカッション「今日の学びの実行宣言」) 1時間                      

                           

閉め方                

①アンケート記入                         

書いてもらった内容をフィードバックする             

②今後の予定周知                         

③主催者あいさつ                         

                           

パネルディスカッション              

①テーマを決める                         

聞くと何が得られるのかを表現する                        

②スピーカーを選ぶ                     

テーマについて違う視点で語れるメンバーをバランス良く                    

③当日の進行方法を決める                        

最初に各スピーカーがテーマについて5分程スピーチ                      

司会者が適宜質問を振り、スピーカー同士が議論する                      

④本番前にスピーカーを交えた打合せ                    

「なぜあなたに話してほしいのか」                        

「どんな話を期待しているのか」             

⑤いよいよ本番会場準備を周到に             

「なぜこの人の話を聞いてほしいのか」理由を聴衆に伝える                         

                           

ワークショップ               

様々な体験を共有し語り合い、みんなで何かを作り上げていく                      

                           

ワーク後に対話の時間を必ず取り、感じたことを共有する               

                           

飲み会                

①新人歓迎会                   

自己紹介をどう行うか                  

②忘年会                          

誰でも参加可能なイベントとセットにするのも手                

③打ち上げ                      

打ち上げ前にメンバーの良かった点を整理して書き出してみる                      

④ただの飲み会               

また行きたい、もっと話したいと思わせる             

できるリーダーは飲み会もスマート                        

                           

交流会                

「テーマ」「日時」「場所」の順に決めていく                       

                           

ワールドカフェ

「社員満足ES」の鉄則 志田貴史【読書 第36冊】

「社員満足ES」の鉄則
会社の業績がみるみる伸びる

志田貴史

総合法令出版


今日は仕事用です。
この本はおすすめです。
ぜひ買ってください!


ES=Employee Satisfaction


世界的に見るES経営の代表例

ゼネラル・エレクトリック
ジャック・ウェルチCEO
社員の顔と名前と覚え、声をかける

リッツ・カールトン
クレド(信条)
紳士淑女であるお客様にサービスを提供する社員も紳士淑女とし尊重する

サウスウエスト航空
社員第一主義、顧客第二主義


ESの構造(ESロジックツリー)

ESファクター

5因子 10要素

ビジョンへの共感 1.経営理念・方針
    2.事業戦略・内容

マネジメントの適切さ 3.上司のマネジメント
      4.人事評価

参画への充実度 5.仕事内容
     6.自己成長

企業風土の最適さ 7.コミュニケーション
     8.組織風土

職場環境の快適さ 9.施設・設備の利便性
    10.労働条件

10要素の実際
1.経営理念・方針
経営理念…いったい何のために事業をやっているのか
経営方針…将来どんな会社にしたいのか

2.事業戦略
事業戦略…具体的なゴールを設定し、たどり着く道筋を示す
事業内容…社員が納得し、動機づけられるアクションプランに落とし込む

3.上司のマネジメント
管理職のコミュニケーション
管理職のヒューマンスキル
上司のモチベーションを上げていく

4.人事評価
  人事制度のシンプル性・具体性
人事制度のしっかりした広報
人事制度のオープンな運用

5.仕事内容
ミッション報酬…仕事と使命を結びつけること
ミッション報酬を受け取る
ミッション報酬は、会社、経営者が責任を負うべき
仕事の達成感→仕事へのモチベーションが高まる

6.自己成長
キャリア開発支援
キャリアデザインの立案支援
キャリア面談の実施
キャリアの複線化…一般職、管理職、専門職、独立支援

社員の人生を共に考える

キャリア開発研修
社員のキャリアの棚卸し
自分自身の強みを明確にする
キャリアゴールを設定する

社員のキャリアゴールを共有化すること

7.コミュニケーション
社内コミュニケーションのポイント
承認感をどれだけ受けているか
存在の承認…○○さん、最近どう?
仕事の承認…○○さん、あの件はありがとう

効果的な面談の技術
聴くことは話し手に報酬を与えること

報酬を与えるための聴く準備
  面談の環境整備
面談時に座る位置
面談時の姿勢
アイスブレーキング

   報酬を与えるための聴く手法
アイコンタクト
あいづち
反射する

8.組織風土
メンタルヘルス
  ソーシャルサポート
  メンタリング制度
表彰されることのモチベーション効果
中長期の視点での新卒採用活動

9.施設・設備の利便性
女性が気にしている職場環境
  5S
  席替え
レイアウト変更


10.労働条件
時間目標の設定
退社時間の目標を設定する
仕上げ目標時間を設定して取り組むことの徹底

  ゴールの明確化
タスクとゴールを混同しない

リフレッシュ休暇制度
ワークライフバランス

充実した休み
仕事の効率が上がる
モチベーションが上がる
体力が上がる
会社へのロイヤリティーが上がる

プロ野球勝ち続ける意識改革 辻発彦【読書 第35冊】

プロ野球勝ち続ける意識改革

 

辻発彦

 

青春出版社

 

 

 

今日は野球本。

野球本は、野球本そのものとしても楽しめますし、

企業経営の本としても楽しめます。

 

 

 

 

 

 

辻発彦

 

84年ドラフト2位で日本通運浦和から西武ライオンズ入団。

守備のスペシャリスト、名2塁手で8度のゴールデングラブ賞

首位打者も獲得しています。

ヤクルトスワローズ移籍後引退。

コーチとしてヤクルト、横浜などを経て、2006WBCコーチ、

中日ドラゴンス2軍監督、1軍総合コーチ。

2017年から西武ライオンズ1軍監督になってます。

 

 

 

6つの章は監督目線

 

決断

名采配

人心掌握

意識改革

チーム力

マネジメント

辻の現役時代の話もありますが、

辻の話より当時の監督の考え方で書かれています。

その頃の話は、広岡、森、野村がメインです。

コーチになってからは落合、王の話です。

 

 

 

強い意志と信念の塊のような広岡達朗監督。100%を求め、その100%を実現するために厳しい練習と管理を選手に課した。

当たり前のことを当たり前にやることの大切さ、難しさを教えてくれたのが森祇晶監督。

豊富な経験とデータに裏打ちされたID野球を完成させた野村克也監督。

選手と一緒に戦い、選手を奮い立たせた王貞治監督。

グラウンドの片隅からじっと見守ることで、選手たちの能力を存分に引き出した落合博満監督。

この文に集約されていますね。

 

 

 

辻本人は王タイプと言ってます。

2018年CSでホークスに敗れ日本シリーズに進めませんでした。

試合後の本拠地最終セレモニーで悔しさのあまり号泣し言葉を詰まらせた場面は、

まさに一緒に戦っているな、と思いました。

 

 

 

 

うーん、というところもあります

 

2008年中日ドラゴンズ2軍監督時代の4月、

ウエスタンリーグの対ソフトバンク戦で

無死満塁の好機に堂上剛裕が三振、高柳秀樹打撃コーチが「死ね」と発言。

これを聞いていた森岡良介選手が抗議した。

翌日の練習前、

「上司に逆らうということは、何があっても許されない。これが会社ならクビだ」と訓示し、森岡は1週間の謹慎処分になった。

 

試合後、森岡を呼んで一対一で話をしてわかってくれた。

とは書いてありますが、

2008年で森岡戦力外通告を受けたわけです。

森岡と甲子園で戦った人間がK七の会社の同僚にいたもので、

あまり有名な選手ではないですが森岡を知っていました。

彼はその後トライアウトに合格しヤクルトに入団。

2009~2016年までヤクルトで現役を続け、2017年からはコーチを務めています。

 

 

 

K七ならこう考えます

 

死ねと言われても、

極限の信頼関係が構築されていれば問題にならなかったかもしれない。

問題が起きてしまった時点で上司の能力不足ではないか。

 

 

 

いろいろな面で学びが多い本なのでおすすめします

 

辻は源田をうまく使ったことが大きいです。

源田は13日に死球を手首に受けたので、今後が心配ですね。

第12冊でも辻と源田について触れましたのでどうぞご覧ください。

 

 

 

knana19.hatenablog.com

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

「すき家」のスキパスと映画「ミリオンダラーベイビー」【食べ歩き 第4食】

すき家のスキパスと映画ミリオンダラーベイビー

 

 

 

今日は映画と食べ歩きを書きます。

 

 

 

 

 

 

2004年の映画ミリオンダラーベイビーを観ました

 

アカデミー賞では作品賞を取りましたね。

監督、主演は、クリントイーストウッドです。

 

山田康雄のクリントイーストウッド

ショーシャンクのモーガンフリーマンです。

いいコンビですな。

 

ストーリーはいい話かなあと思って観ていたら

後半三分の一は口あんぐりの展開。

セブン級のがっかり度で終了します。

セブンにもモーガンフリーマンは出ていましたね。

うーん、もやもや。

 

前半はわかりやすいサクセスストーリーで、

後半に向かってキリスト教の問題をつついてます。

結構めんどくさい映画です。

 

 

 

knana19.hatenablog.com

 

 

 

話はかわって

食べるほうは、みんな知ってるすき家を紹介しましょう。

今月もすき家はスキパスを販売しています

 

スキパスは200円です。

スキパスを持っていると、4月ひと月の間1食70円引きになります。

対象は、牛丼、カレー、豚生姜焼き丼です。

 

つまり3食食べると210円引きになり、

元が取れた、というわけです。

一か月30日毎日すき家の牛丼を食べた場合、

最初の3日で元をとって、

残り27日×70円で1890円お得になる!

 

どう考えるか?

1890円。

 

牛丼並は350円、これが280円。

1食単位だと

うーん、安くなりますな。

 

K七は

吉野家の牛丼と松屋の定食

のほうが好きですけどね。

 

サブスクリプションですね。

みなさんよくお考えください。

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。